宅建業法で得点稼ぐ過去問直前対策No.49〔取引主任者〕平成18年 登録の基準

職能倶楽部 宅建合格道場から「宅建業法」の過去問演習をご紹介しています。
宅建試験で得点稼ぐなら やっぱり過去問の徹底勉強!

 
——-問題—-
 
甲県知事の宅地建物取引主任者資格登録を受け、乙県内の宅地建物取引業者の事務所に勤務している取引主任者Aに関して、Aは、不正の手段により登録を受けたとして、登録の消除の処分の聴聞の期日及び場所が公示された後、自らの申請によりその登録が消除された場合、当該申請に相当の理由がなくても、登録が消除された日から5年を経過せずに新たに登録を受けることができる。
 
正解は?
 

 
もっと過去問題を見たい方は「職能倶楽部 宅建合格道場」へどうぞ
 
アマゾンからキンドル版の過去問解説本を出しています。
 
宅建直前合格の近道 厳選過去問徹底勉強「権利関係編」 [Kindle版]出版
 

↑↑↑↑↑ここをクリック!
 
「宅建 直前 合格の近道」シリーズは、独学で宅建合格を目指す方のために作られた教本です。

〔注〕職能倶楽部 宅建合格道場の運営母体「職能研修会」は国土交通大臣認可の「登録実務講習」実施機関です。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL