宅建試験。ひっかけ注意!宅建業法編

こんにちは、三井です。
今日も頑張っている方々へ、宅建業法から!
弁済業務保証金からです。
宅建業者が営業を始める前に納付する金額の数字、これは良いですよね~

営業保証金との比較、特に手続き関する部分はしっかり押さえましょう。
営業保証金は宅建業者が法務局へ「供託」
ですが
弁済業務保証金は宅建業者が保証協会へ「納付」ですよね。供託ではありません。またこの場合の納付は必ず「金銭」です。
その後納付を受けた保証協会が法務局へ「供託」です。
ここまでくればあとは営業保証金と同じです。
要は「納付」なのか「供託」なのか。
中小の組織で構成されている宅建業者。そのほとんどは弁済業務保証金を利用しています。いわゆる「ハトマーク」と「ウサギのマーク」ですね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL