得点稼げる宅建業法 過去問直前対策No.21〔免許〕平成18年 免許の基準(秒速トレーニング)

職能倶楽部 宅建合格道場から「宅建業法」の過去問演習をご紹介しています。

 
——-問題—-

A社の取締役が、刑法第159条(私文書偽造)の罪を犯し、地方裁判所で懲役2年の判決を言い渡されたが、この判決に対して高等裁判所に控訴して現在裁判が係属中である。この場合、A社は免許を受けることができない。
 

 
もっと過去問題を見たい方は「職能倶楽部 宅建合格道場」へどうぞ
 

アマゾンからキンドル版の過去問解説本を出しています。
 
宅建直前合格の近道 厳選過去問徹底勉強「権利関係編」 [Kindle版]出版
 

↑↑↑↑↑ここをクリック!
 
「宅建 直前 合格の近道」シリーズは、独学で宅建合格を目指す方のために作られた教本です。

〔注〕職能倶楽部 宅建合格道場の運営母体「職能研修会」は国土交通大臣認可の「登録実務講習」実施機関です。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL