宅建試験。ひっかけ注意! 宅建業法から。

こんにちは、三井です。
もう今年の本試験の申込は済まされましたか~?
今月までですよ!
とりあえず・・まだ実力が・・・なんて悩んでる暇あったら、まだまだ時間はありますよ! とにかく申し込んじゃいましょう。

さて、今日は宅建業法から。

「30日以内に届出」・・・なんの届出か・・・?

今回は数字によるひっかけ、というより「誰が」届け出ると「いつ免許失効」なのか、まとめておきましょう。

宅建業法第11条から「廃業等の届出」の問題です。
死亡・・・相続人が(死を知った時)届出・・・死亡の時に失効
合併・・・消滅会社の代表者・・・合併の時
破産・・・破産管財人・・・届出
解散・・・精算人・・・届出
廃業・・・代表者または個人・・・届出

合併の場合に届出する人、これもよく本試験では出されていますよ。

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

トラックバックURL