宅建試験によく出る宅建用語「遺留分(いりゅうぶん)」

宅建に出てくる用語は法律用語や建築用語など、専門的なものが多いですね。
なので意外な意味や読みがあります。
 
実務・受験に使える必須宅建用語からの抜粋です。
ご活用ください。

 

遺留分(いりゅうぶん)
遺留分とは、兄弟姉妹以外の相続人に対して留保されなければならない相続財産の割合のこと。
例えば、全財産を愛人に贈与するという遺言も法律上は有効ですが、配偶者や子の生活保障ができません。そこで、配偶者、子供及び直系尊属(父母など)には、遺産の一定割合を主張する権利(遺留分減殺請求権)が認められており、この割合を遺留分といいます。遺留分減殺請求権は、その行使がされない限り、遺留分を侵害する遺言は有効です。

 

アマゾンからキンドル版の宅建用語集を出しています。
スマホやタブレットで使える電子書籍です。
特価490円です。
 

●実務・受験に使える宅建用語集 必須宅建用語243語収録 [Kindle版]

 
↑↑↑↑↑ここをクリック!
 
PDF版はこちらから ⇒ http://03auto.biz/clk/archives/ygabpc.html
 

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL