宅建試験。ひっかけ注意!法令・都市計画法から。

こんにちは!三井です。
今年の宅建試験の申込者が発表になりましたね。
昨年より約2,000人減とのこと。とはいえ試験の難易度が下がるわけでもないので、しっかりがっつり頑張りましょう!

さて、今日は法令・都市計画法から。
もう毎年出される開発行為。この中で「公益上必要な建築物」なるものが出てきます。
駅舎・図書館・公民館・変電所・・・この辺りはお馴染みですね。

それでは学校・社会福祉施設・医療関係の施設、これはどうでしょう?
平成18年の改正によりこれら建築目的で行う開発行為は原則許可が必要となっています。学校、医療機関・・・なんか公益的な建物ですよね。

でも、間違わないでくださいね。イメージだけでとらえると思わぬ落とし穴が・・・。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL