宅建試験。直前!暗記すべき数字。

おはようございます!三井です。

さて、今日も引き続き宅建業法から。4回目ですね。

3回目の営業保証金とよく比較しておきましょう。

弁済業務保証金

主たる事務所→60万円  その他の事務所→30万円

!「必ず金銭で納付」です!

宅建業者は保証協会に加入しようとする日までに、弁済業務保証金分担金を納付

!「納付」です。供託ではありません!

 

保証協会は、分担金の納付を受けた日から1週間以内に供託所に供託

事務所新設のときは、宅建業者は設置日から2週間以内に金銭で納付

 

還付により保証金不足した場合、宅建業者は、保証協会から通知を受けた日から2週間以内に納付する義務

納付しないと、保証協会の社員たる地位を失う、社員たる地位を失ったときは、1週間以内に営業保証金を供託する義務あり

 

弁済業務保証金の取戻し→6か月以上の公告必要

今日はここまで。まだまだ続きます。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL