宅建試験。統計問題から・・・。

こんにちは! 三井です。

さて、本試験の免除分野ですが、統計についての話題です。

昨年に出題されているのので、今年はどうかな?の宅建業者数の推移です。

平成24年度

国土交通白書から

宅建業者数の推移

http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h24/hakusho/h25/data/datindex.html

白書の参考資料編からです。

宅建業者数は123,922(H23年度末現在)

H18年から継続減少傾向です。

ただ個人と法人の割合は昨年より若干ですが個人(16.9% → 16.3%)が減り法人(83.1% → 83.7%)が増えていますね。

過去、会社法が改正され、株式会社の設立が簡易化され合同会社なんて組織もあります。

営業保証金を供託しないで保証協会へ入会する場合も、金銭的ではありますが、緩和されていますしね。

やはり信用第一の不動産取引。個人よりも法人の方が信頼度としては高いのかもしれませんね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL