神奈川(横浜)で宅建直前対策「生」講座開催:今日の宅建用語「遺留分」

————————————–
■「宅建試験直前駆け込み道場!生講義」
————————————–
 
〔日 時〕

※各回とも集合は9:45です。

10月5日(土):10:00~16:30
10月12日(土):10:00~16:30
10月19日(土):10:00~16:30

 
〔会 場〕

かながわ県民センター(横浜駅近く)
 

〔内 容〕

10月5日と12日には本試験同様(登録講習修了者は1時間50分)の実戦形式でオリジナル模擬試験を実施します。
2回の受講により、合格するために必要な知識を確認できます!

 
〔受講料〕

28,500円(3回)

 

※詳しいプログラムやお申込み方法は下記でご確認ください。

⇒ http://03auto.biz/clk/archives/bopsqq.html

 
————————-
今日の宅建用語
 
遺留分(いりゅうぶん)
遺留分とは、兄弟姉妹以外の相続人に対して留保されなければならない相続財産の割合のこと。
例えば、全財産を愛人に贈与するという遺言も法律上は有効ですが、配偶者や子の生活保障ができません。そこで、配偶者、子供及び直系尊属(父母など)には、遺産の一定割合を主張する権利(遺留分減殺請求権)が認められており、この割合を遺留分といいます。遺留分減殺請求権は、その行使がされない限り、遺留分を侵害する遺言は有効です。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL