宅建登録実務講習。災害への予見。

おはようございます、三井です。

先日の台風26号、大変な被害となってしまいました。

お亡くなりになった方、被災された方々へ、お悔やみまたお見舞い申し上げます。

特に伊豆大島で起きた土砂災害、未だ行方不明の方も多いとのことです・・・。

「土砂災害警戒区域」という言葉を目にされた方も多いかと思います。

不動産取引でも契約前に行われる重要事項説明書においては説明項目として挙げられていますね。

ただ悲しいことに、このうような区域に指定されていながら、これを隠して取引に入ろうとする不動産業者が存在する、ということです。

当然このような事実があれば、取引がダメになる・・・、不動産の価値が下がる・・・等々、不動産業者にとっては都合の悪いことばかり。

でもこんな事故が起きてからでは遅いのです。

行政の力も必要なのでしょうが、避けることができる人災、不動産業者にも責任は課せられています。

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL