宅建試験。新傾向の問題。

おはようございます、三井です。

今年の宅建試験、問1から混乱してしまった方が多いようです。

宅建試験は大別すれば法律系の資格試験。
また実務に就いても試験で勉強した法令や改正等は意識していかなければいけません。
そんなところからも六法(民法条文)には慣れておく必要があるのかもしれませんね。

六法も一昔前から比べれば読みやすくなりました。
市民が慣れ親しむべき法律、これが民法。

それから地役権や留置権といった比較的レアな分野からも出題されていました。
今後この傾向が続くかは疑問ですが、個人的にはそれほど重要視しなくても、と思っています。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL