名称変更、その背景には・・・

おはようございます!三井です。

ご存知の通り、先月に宅建業法改正法案が可決され、取引主任者から取引士への名称変更が決まりました。

業法改正議案要旨には「宅建業者は、その従業者に対し、その業務を適正に実施させるため、必要な教育を行うよう努めなければならないこととする」という一節があります。

背景には、単なる名称変更ではなく、宅建業者やその従業者に対する継続的な研鑽意識を高める意図があるんですね。

そこで・・・弊社団が実施しております、「実務家による実務家のための研修」ご案内です。

企業様のニーズは様々・・・

そんなニーズに、実務家講師だからこそ対応できるきめ細かい研修カリキュラムを弊社団では整えております。

原則、ご依頼いただいた企業さまへの講師派遣を行っておりますので、業務開始前または業後、すぐに研修時間を確保することが可能です。

日程や研修時間もご依頼企業さまのニーズに合うように、オリジナルカリキュラムで対応しております。

まもなく本試験直前期・・・

取り組み方次第で、まだまだ合格ゾーンへの到達は可能です。

 

 

 

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL