宅建試験「権利関係 賃貸借 敷金」から。

こんにちは!三井です。

 

民法改正案要綱にあげられている、賃貸借契約において取引されている「敷金」。

 

今は保証会社をつけて「敷金ゼロ!」なんて物件も流通はしていますが…ね。

 

賃貸借契約において賃貸人への担保として、賃借人から預託されるものですね。

 

この敷金返還に関しては賃貸実務ではよく揉めるところでもあります。(原状回復基準があっても)

 

そこで民法改正後には「敷金」という言葉が具体的に定義されることになりそうです。

現行民法にも第619条第2項において敷金という言葉はありますが明確な敷金としての定義はありません。

 

宅建本試験でも、以前敷金からの出題がありましたが、

ここ8年くらいは出されていません。

 

試験ネタは結構ありますね、

敷金と賃貸物件の返還は同時履行? とか、

オーナーチェンジや賃借人の変更があった場合の敷金の取り扱い?とか。

 

昨年も出題の賃貸借ですが敷金ネタは今年辺り、そろそろ……。

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL