登録実務講習。よくあるお問い合わせ。

こんにちは、三井です。

 

来期、登録実務講習へのお問い合わせ、お申込みありがとうございます。

 

お問い合わせの中で、12時間のスクーリングの内容に関するものが多いですね。

 

先ず、「登録実務講習」は宅建本試験に合格された方が対象です。

 

本試験合格!   ⇒ 受験地知事へ登録   ⇒  取引士証交付

 

これが宅地建物取引取引士への流れです。

 

知事への登録要件として挙げられているのが「実務経験2年以上」
本講習はこの要件を満たしていない方を対象としています。

仲介経験が2年以上あれば、原則受講は不要ですからね...。

 

スクーリングは法定で12時間となっています。

ですからどこの実施機関も殆どは2日間の日程でおこなっています。

 

内容は、実務経験(取引士として7年以上の経験が必要)豊富な実務家が講師となりお話します。

 

一般的な仲介取引の流れを見ていただく内容です。

(顧客確保から物件調査、重要事項説明書や契約書作成の練習、契約、そして物件の引渡完了までの手続き等)

それから...本試験の知識はあまり関係ありません。

昭和30年40年代に合格された方々もちゃんと修了していますからね。

 

不動産実務に携わらなくても、「不動産取引」は殆どの方にとっては関わりがありますよね。

不動産屋に騙されない、知識武装にも役立ちます。

 

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL