農地法改正点!

こんにちは、三井です。

 

農地法改正点、ちょっと重要かも。

 

農地法4・5条における許可権者は原則知事、例外は農水大臣。

この例外の改正です。

 

 

以下、農水省HP から、

国から地方公共団体への事務・権限の移譲等
農地法(昭27法229)及び農業振興地域の整備に関する法律(昭44法58)
農地転用許可(農地法4条及び5条)の権限移譲等について。
事務の区分、個別法に規定する国の関与等の移譲後の措置については、別紙を基本とする。

 
・ 2ha超4ha以下の農地転用に係る農林水産大臣との協議(農地法附則2項)については、廃止する。

 
・ 4haを超える農地転用に係る事務・権限については、当分の間、農林水産大臣との協議を付した上で、都道府県
知事(次項に定める指定市町村にあっては、当該指定市町村の長)に移譲する。

 

 

4haを超えるとこ、注目です!!

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL